ウォータースタンド徹底レビュー!ネオの8つの良いところ・5つのイマイチなところ

ウォータースタンド

「ウォータースタンドを使ってる人の感想を聞きたい」

「良いところも悪いところもしっかりレビューしてるサイトを教えて」

ウォータースタンドのレンタル申込みを検討している人が最も気になるのが実際に使用している人の感想やレビューではないでしょうか。

そこで、今回は当サイトの管理人である私が実際にウォータースタンドをレンタルし、使用した感想を徹底的にレビューしたいと思います。

良かったところはもちろん、ここはイマイチだなと思ったところも包み隠さず書いています。ぜひ参考にしてください。

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

※当サイトの価格表記は税込みです

レンタルした機種は「ウォータースタンド ネオ」

今回、レンタルした機種は「ウォータースタンド ネオ」です。

ウォータースタンドは現在※13機種のサーバーを扱っており、その中でもスタンダードな機種として根強い人気なのがウォータースタンドネオです。

月額4,378円(税込み)で温水・冷水・常温水が使い放題。機能と価格のバランスが取れたモデルなので、機種選びで迷う方はウォータースタンドネオにしておくのが間違いないかなと思います。

では、早速ウォータースタンドのレビューをしていきます。

※2021年3月時点

ウォータースタンドのここがよかった!8つのおすすめポイント

まずは、ウォータースタンドネオの良かった点のレビューです。

1.操作がシンプルで使いやすい

ウォータースタンドネオはレバーを奥に押すだけで水が出タイプです。シンプルな操作感でわかりやすいので子どもたちも自分で水を注げます。

レバーを押すと水をすぐに出せるのでストレスを感じさせません。

2.もとが水道水とは思えないほど「飲みやすくておいしい」

ウォータースタンドは水道水を浄水して使用します。サーバーの中にあるフィルターが、水道水に含まれる塩素や不純物を取り除いておいしくする仕組みです。

とは言え、正直、味に関しては期待してなかったのですが(笑)いい意味で期待を裏切られました。

臭みや塩素の味が全くしなくて、元が水道水とは思えないほど飲みやすくておいしいです。

3.常温水が飲める

個人的に嬉しいと思ったのが常温水が飲めることです。寝る前や目覚めの水分補給に重宝します。

あと、薬を飲むときも常温水だと飲みやすいですね。

もともと、私は冷たい飲み物が苦手なので常温水が使えるのは本当にありがたいです。

4.手放し操作で水を出しっぱなしにもできる

ウォータースタンドネオは、上の写真のようにレバーを手前に引き上げることで水を出しっぱなしにすることもできます。

一度にたくさんの水を使うときに便利。手放しでも水が出ているので、その間に他のことができます。料理のときは地味に役立ちます。

5.水が自動で補充される

ウォータースタンドは、水を使用するとサーバー内のタンクに水が自動で補充されます。水道とサーバーを専用のホースで繋いでいて、それを通って水道水が自動的にサーバーへ流れていく仕組みです。

私の自宅には浄水型ウォーターサーバー(ハミングウォーター フローズ)がもう一台あるのですが、こちらは自分でタンクに水道水を補充しないといけません。たまに補充するの忘れて、使いたいときにすぐ使えないことがあります。

でも、ウォータースタンドならそういったこともなく手間もかかりませんので本当にラク。

6.自分で掃除・手入れできる

ウォータースタンドのサーバーは、上の写真のように給水ノズルが取り外し可能です。自分で洗浄できるから、清潔な状態を保てます。

ウォーターサーバーの汚れや菌が溜まりやすい部分に給水ノズルがあります。それは取り外して洗えないことが原因の一つです。殺菌機能のついたサーバーもありますが、汚れまでは取り除けないから結局洗うのが一番なんですよね。

7.半年に1回、メンテナンスとフィルター交換を無料でやってくれる

ウォータースタンドのサーバーは、内部に浄水フィルターが搭載されています。

フィルターは消耗品なので定期的な交換が必要です。ウォータースタンドネオの場合は3種類のフィルターを内蔵しており、それぞれ交換時期が違います。

専門知識を持ったスタッフの方が半年に1回無料で交換してくれます。

あわせてサーバー内部の洗浄やメンテナンスもしてくれるので安心です。こちらも無料です。

8.料金を気にしなくて済む!料理や炊飯にも遠慮なく使える

ウォータースタンドは月々の料金が決まっているから、どんなに水を使っても料金は変わりません。ウォータースタンドネオは月々4,378円(税込み)で水が使い放題です。

我が家では料理や炊飯にも遠慮なくウォータースタンドの水を使ってます。

炊飯は、お米を研ぐところから贅沢に使ってます(^^)

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

ウォータースタンドのここはイマイチ

続いて、ウォータースタンドネオのここはイマイチだと思うところのレビューです。

1.導入までがやや面倒、分岐水栓を取り付けるための工事がある

ウォータースタンドは水道直結型(水道とサーバーをつないで使用すること)なので、設置するためには工事が必要です。

工事と言っても、穴あけや加工など大掛かりなことはしません

↓このように水道に分岐水栓というパーツを取り付けるだけです。

これによって、水道からサーバーへ自動的に水が補充されます。

また、実際に設置してもらうまえに担当の方が一度自宅訪問します。

サーバーを問題なく設置できるのか事前確認し、問題なく設置できそうであればその場で契約手続きを行います。

サーバーを設置するために、担当者と設置業者の計2回の自宅訪問があり、そのための日程調整をしなければいけません。仕方ないと言えば仕方ないですが、ちょっと面倒に感じました^^;

ちなみに、設置作業にかかった時間は1時間半程度でした。

2.冷水・常温水にもチャイルドロックを付けてほしい

ウォータースタンドネオは、温水にのみチャイルドロックが付いています。

冷水と常温水にはチャイルドロックが付いていません。レバーを押すだけで水が出るので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭では誤操作やイタズラに注意が必要ですね。

3.サイズ(奥行き)が長く場所を取る

本当はウォータースタンドをここに置きたかったのですが…サイズが大きくてムリでした^^;

ということで、キッチンの背面に設置しました。はみ出なくてよかったです。

ウォータースタンドネオは奥行きが長いので要注意。場所によってははみ出てしまうでしょうね。

目安はサランラップ約2本分(笑)。ほんのちょっとだけはみ出る程度なら、ウォータースタンドネオは問題無く設置できるかと思います。

はみ出てしまいそうという場合は、コンパクトタイプのウォータースタンドを選ぶと良いですよ。

ウォータースタンドの数ある機種の中でも一番人気の「ウォータースタンドガーディアン」は横幅・奥行き23cmとかなり小さいので、場所を取りません。

次はこの機種にしようかなと検討中です(笑)

4.給水位置がもう少し高いと良かった

細かい指摘ですが…、給水ノズルの位置がもう少し高いほうが良かったなと思いますね。

というのも、写真のように水筒に給水するのがやりにくいからです。斜めにした状態で水を入れるので、たまにこぼすこともあります。

小学生2人と幼稚園生1人の計3本の水筒を毎日のように給水するので、そのときだけは正直面倒に感じます(笑)

5.メンテナンスの度に業者を自宅に挙げないといけない

これは、ウォータースタンドの良いところでもあり悪いところ?でもあるのかなと思います。

ウォータースタンドでは6ヶ月に1度のペースで、自宅に専門スタッフが来てサーバーのメンテナンスを実施します

毎回、同じ人が来てくれるならまだいいのですが、今のところ一度と同じ人が来た試しがありません(メンテナンス作業を2回経験済み)。

メンテナンスは30分程度で終わりますが、知らない人を自宅にあげるのが嫌だという人からすれば抵抗を感じるのではないでしょうか。私は人見知りなので、中々の苦痛を感じてます(笑)

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

ウォータースタンドの設置風景

ウォータースタンドは、水道や蛇口に分岐水栓を取り付けて設置します。

私の家の場合ですと、水道に分岐水栓を取り付けてそこからホースが繋がっていて、

壁面を沿わながら、

引き出しに干渉しないようにうまい具合に下を通り、

最後はサーバー背面につながっています。

使用したホースの長さは10mぐらいありました。なので、ウォータースタンドネオの場合は水道から10m近く離れた場所でも設置が可能ということになりますね。

ウォータースタンド申し込み前の注意点

ウォータースタンドに申し込む前に確認しておきたいこと注意すべき点をご紹介します。

注意点1.サーバーによっては置き場所が限定される

ウォータースタンドは水道とつなぐため、水道周辺に設置します。

おそらくキッチンに置くことになるかと思いますが、十分なスペースが確保できるかどうかを確認しましょう。

ウォータースタンドはサーバーの種類が豊富で、サイズもまちまちです。特に、私がレンタルしたウォータースタンドネオのように奥行きが長く設置場所が限られるかもしれません。

ちなみに、ウォータースタンドでは設置のためのラックを無料で貸してくれます。置き場所がない場合は、事前確認の際に担当者に相談してみると良いですよ。

(写真2枚目参照)

ラックは以下のような種類があるので、部屋の雰囲気に合わせることもできます。

注意点2.ホース・配線が見える

ウォータースタンドを置いてみてもう一つ気になったのがホース・配線が見えることです。

このように、できるだけ目立たないようにモールを使用しますが、完全に隠すことはできませんので気になってしまうかもしれませんね。

水道から離れた距離に設置する場合、それだけホースや配線も多く使用するので目につきやすくなります。

配線やホースが気になる方は、担当者に相談しながら決めると良いでしょう。

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

ウォータースタンドは無料お試しができます

ウォータースタンドでは、無料お試しができます。

「サイズ感を知りたい」

「水の味が好みじゃなかったらどうしよう」

など心配がある方は、一度試してみてから決めると言いですよ。

ウォータースタンドエコサーバーネオ

無料お試しでは、ウォータースタンドネオのエコサーバー(配線不要タイプ)を1週間レンタルできます。

こちらは、専用タンクに水道水を入れて使用しますので工事無しです。サーバーの使用感と水の味を試せますよ。

ウォータースタンドネオの総合評価・サーバースペック・詳細

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

総合評価 料金 使いやすさ
4.3 4.4 4.4
安全面 衛生面 デザイン
4.1 4.5 4.1
ウォータースタンドの定番モデル。
シンプルかで清潔感のある見た目、価格と機能性のバランスが良いです。
わかりやすいレバー式なので、子どもでも水を注ぎやすく使いやすさも◎。
温水・冷水・常温水すべてで出しっぱなしもできるから、鍋料理など水をたくさん使うときも便利。
機種選びに迷ったらウォータースタンドネオにしておくことをおすすめします。
奥行が長いので場所によっては設置できない可能性あり。設置前にかならずスペースの確認をしましょう。
冷水と常温水はチャイルドロックが付いていないのも残念ポイント。操作がわかりやすいレバー式なので子供のイタズラには要注意。

▼ウォータースタンド公式サイトはこちら▼
https://waterstand.jp/

ウォータースタンドネオの料金・価格

月額レンタル料
(通常プラン)
4,378円/月
月額レンタル料
(長得プラン)
3,850円/月+長得登録料11,000円
電気代 約500~800円/月
解約金
  • 1年未満:11,000円
  • 1年以上:無料

ウォータースタンドネオのスペック・機能

サイズ(cm) 幅26×奥行50.5×高さ50
重量 18kg
タンク容量
  • 温水:1L
  • 冷水:2.5L
  • 常温水:2.5L
フィルター種類
  • ネオセンスフィルター
  • ナノトラップフィルター
  • イノセンスフィルター
  • 抗菌フィルター
メンテナンス代 6ヶ月に1回無料
チャイルドロック 温水
省エネ機能 光感知センサー
その他の機能 常温水
タイトルとURLをコピーしました