ハミングウォーターとウォータースタンドを比較!どんな人におすすめなのか解説します

ウォータースタンド

「ハミングウォーターとウォータースタンドどっちにしよう?」
「定額制なら料金が安いハミングウォーターが良いかな?」

定額制ウォーターサーバーで人気の「ハミングウォーター」と「ウォータースタンド」。

料金が変わらず水が使い放題というお得感から人気の2メーカーですが、どっちにしようか迷っているのではないでしょうか?

ここでは、ハミングウォーターとウォータースタンドを徹底的に比較して、それぞれどんな人におすすめなのか解説していきます。

ハミングウォーターはこんな人におすすめ

詳細 公式サイト

ウォータースタンドはこんな人におすすめ

詳細  公式サイト

※当サイトの価格表記はすべて税抜きです

ハミングウォーターとウォータースタンドの大きな違いは2つ

ハミングウォーターとウォータースタンドの大きな違いは2つあります。

  • 水道水の補充方式(給水タンク補充型と水道直結型)
  • サポート対応(電話・メールと専門スタッフ)

違い①:水道水の補充方式(給水タンク補充型と水道直結型)

ハミングウォーターとウォータースタンドは水道水の補充方式が大きく異なります。

ハミングウォーターは給水タンク補充型、ウォータースタンドは水道直結型です。

上の写真の通り、給水タンク補充型はサーバー上部の給水タンクに自分で水道水を注いで補充します。

これに対し、水道直結型はサーバーと水道管を専用ホースでつなぎ、自動的にサーバー内のタンクへ水道水が補充されます。自分で水道水を注いで補充する必要はありません。

ちなみに、ウォータースタンドは設置工事が必要ですが工事費用は無料です。また、工事と言っても原状復帰できるカンタンなものです。

>>ウォータースタンドの設置の様子を写真で見る

  • 設置工事なしで気軽に始めたい人はハミングウォーターがおすすめ
  • 水の補充は面倒だからやりたくない人はウォータースタンドがおすすめ

違い②:サポート対応

ハミングウォーターとウォータースタンドは、サポート対応も大きく違います。

ハミングウォーターでは、サポート対応は電話・メールで行います。サーバーが故障などして修理が必要になった場合は、新しいサーバーを宅配で届けてもらい交換となります。

そのため、ハミングウォーターでは専門スタッフが自宅訪問することはなく、トラブル時の対応は手間と時間がかかります

ただし、レンタル代にサポート代が上乗せされてない分、ウォータースタンドよりも月々の費用が安く済みます

一方、ウォータースタンドはサポート対応が充実しています。

専門スタッフが6ヶ月おきに自宅訪問し、サーバーの点検と掃除を行ってくれるため衛生面と安全面で安心して使用できます

ただ、点検・掃除のたびにスタッフを自宅に上げないといけない、日程を調整しないといけないなどの点が煩わしく感じるかもしれません

  • ウォーターサーバーを安く利用したい、スタッフを自宅を上げるのが嫌だという人はハミングウォーターがおすすめ
  • 衛生面と安全面を重視したい人、より安心して利用したい人はウォータースタンドがおすすめ

ハミングウォーターとウォータースタンドを徹底比較

ハミングウォーターとウォータースタンドの大きな違いを確認したところで、次は料金やサーバーの性能などより細かく比較し違いを解説していきます。

ウォータースタンドはサーバーが12種類あるので、スタンダードモデルと人気モデルのみをピックアップし比較します。

比較①:ハミングウォーターとウォータースタンドの料金を比較

ハミングウォーターとウォータースタンドを料金・費用で比較してみます。

ハミングウォーターは、初回のサーバー出荷手数料として初期費用が2,000円かかります。これに対し、ウォータースタンドは設置工事がありますが初期費用は0円です。

レンタル代はハミングウォーターが最も安いです。いずれも水道水をろ過して使用するので、水代が別で発生することはありません

そのため、レンタル代=月額費用となります。定額制なので、どんなに水を使っても月々の費用はレンタル代のみとなります。

ハミングウォーターとウォータースタンド、どちらも契約期間内に解約すると解約金・違約金が発生します。

ハミングウォーターはサーバー設置から2年以内、ウォータースタンドは1年以内に解約すると解約金・違約金がかかるので注意してください。

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンド公式サイト

比較②:ハミングウォーターとウォータースタンドの水の種類・安全性を比較

ハミングウォーターとウォータースタンドは、フィルターでろ過するとはいえ水道水を使用するため安全性を心配される人は少なくないです。

結論を言えば、どちらも高性能なフィルターを使用しており水道水に含まれる不純物・有害物質をしっかり除去するので安全性が高い水です。

ただし、除去できる不純物・有害物質に違いがあるのできちんと比較したうえで選ぶといいでしょう。

水道水をろ過するフィルターにはいくつか種類があり、不純物等を除去する性能に違いがあります。フィルター性能は↓以下のとおりです。

表からわかるとおり、ハミングウォーターよりもウォータースタンドのほうがフィルター性能が高く、除去できる不純物の種類・数が多いです。

ハミングウォーターとウォータースタンドのフィルター性能の違いは「溶解性鉛」を除去できるかどうかです。ハミングウォーターは溶解性鉛は除去できません。

溶解性鉛が除去できないからと言っても健康上の問題はありませんので、その点は安心してください。

不純物・有害物質をしっかり除去し、より安心できる水を飲みたいのであればウォータースタンドがおすすめです。

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンド公式サイト

ウォータースタンドは放射性物質も除去可能なサーバーも選べる!

 

ウォータースタンドは搭載するフィルターの種類で「ナノラピアシリーズ」と「プレミアムラピアシリーズ」にわけられます。

より安全性の高い水を求める人はプレミアムラピアシリーズがおすすめです。

プレミアムラピアに搭載されているフィルターは「ROフィルター(逆浸透膜)」と言い、放射性物質(放射性ヨウ素、放射性セシウム)も除去することができます

日本国内にて除去試験を実施しており、詳細はメーカーの測定結果で確認できます

>>測定結果報告書を見る

放射性物質も除去できるほどのフィルターを使用していることからも安全性が高い水がつくれることがわかりますね。

ただし、注意点もあります。

  • ミネラルも除去してしまう
  • レンタル代は高め

水道水にはミネラルも含まれていますが、プレミアムラピアシリーズはミネラルも除去し純水に近いRO水をつくります。ミネラルを摂取したい人は要注意です。

また、フィルター性能が高いこともありサーバーレンタル代は高めです。

ナノラピアシリーズはレンタル代が3,980円~4,480円ですが、プレミアムラピアシリーズは5,480円~6,980円程度となっています。

比較③:ハミングウォーターとウォータースタンドのサーバーを比較

ハミングウォーターとウォータースタンドのサーバーを比較してみましょう。

サーバーのサイズ・タンク容量を比較

ハミングウォーターのサーバーは床置き型、ウォータースタンドは卓上型(床置き型もあり)となります。

卓上型のウォータースタンドのほうがサイズはコンパクトですから、キッチンにウォーターサーバーを置きたいと考えているのであればウォータースタンドが良いでしょう。

タンク容量は意外と重要

サーバーのタンク容量は見落としがちですが、意外と重要です。

ハミングウォーターとウォータースタンド、どちらも水道水をろ過した水が温水・冷水・常温水のタンクに振り分けられて、加熱や冷却をして温水・冷水が使えるようになる仕組みです。

タンクが空になったからといって、水を補充すればすぐにお湯や冷たい水が使えるわけではありません

タンクに水が補充されてから完全にお湯や冷たい水が使えるまでに時間がかかります。

そのため、温水や冷水を一度に大量に使う場合は、できるだけタンク容量が大きいサーバーのほうがストレスなく使えます。

2~3人家族であればハミングウォーターでも問題なく使えそうですが、4人家族以上や水を大量に使用するのであればウォータースタンドのほうがストレスなく使えるでしょう。

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンド公式サイト

サーバーの機能を比較

各サーバーの機能について比較してみましょう。

  • 水の温度帯と温度調節機能について

いずれのサーバーも温水・冷水・常温水が使用可能です。

ハミングウォーターとナノラピアガーディアンは温度調節機能が付いており、お湯の温度で使い分けることができます。

  • 水の連続抽出について

連続抽出とは、下の写真のように容器を置いたまま水を出しっぱなしの状態にできる機能のことです。

料理などで水をたくさん使用するときに便利です。

  • タンク内の衛生機能について

ハミングウォーターとウォータースタンド、どちらにもタンク内を清潔に保つための衛生機能が搭載されています。

ハミングウォーターはメーカーメンテナンスがありませんが、殺菌効果のある紫外線を照射することでタンク内を衛生的に保つことができます

ウォータースタンドは、衛生機能に加えてメーカーメンテナンスがあるのでより衛生的です。

  • 省エネ機能について

ハミングウォーターも省エネ機能が搭載されていますが、作動は手動操作となるので忘れてしまうこともあり注意が必要です。

また最大6時間までしか連続作動しません。6時間経過後に自動的に省エネ機能はストップしてしまいます。

ウォータースタンドは、光センサーによって部屋が暗くなると自動的に省エネ機能が作動するので確実に消費電力を抑えることができ、電気代を安くできます。

  • チャイルドロックについて

小さなお子様がいる家庭ではチャイルドロック機能は必須です。

基本的にどのサーバーもロックがかけられますが、ナノラピアガーディアンとナノラピアネオは温水だけしかロックできませんので注意してください。

卓上型は小さな子供の手が届きにくい高さに設置できますが↓のように踏み台などを使えば届いてしまいます。

お子様のイタズラ・やけど防止を重視するのであれば、すべての温度帯をロックできるハミングウォーターかプレミアムラピアステラを選ぶのが良いでしょう。

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンド公式サイト

比較④:ハミングウォーターとウォータースタンドのサービスを比較

最後にハミングウォーターとウォータースタンドのサービス面を比較してみましょう。

※2020年6月12日時点の情報です。

ハミングウォーターは北海道・沖縄・離島を除くエリアで利用可能です。

ウォータースタンドは、一部地域を除きますが47都道府県で利用可能となっています。直営店の対応地域も拡大しており、水道直結型ウォーターサーバーでも利用しやすい環境が整っています。

→ウォータースタンドの対応エリアの詳細はこちら

契約期間はハミングウォーターが2年、ウォータースタンドが1年です。ウォータースタンドのほうが契約の縛りがゆるいので気軽に試したい人はウォータースタンドが良いでしょう。

ハミングウォーターは定期メンテナンスがありませんが、2年以上使えば新品のサーバーと無料交換も可能です。サーバーには衛生的に保つUV殺菌機能を搭載しているので、メンテナンスなしでも衛生面はそれほど心配しなくて大丈夫です。

フィルター交換はどちらも無料でできます。ハミングウォーターは自分で交換、ウォータースタンドはメンテナンス時にスタッフが交換してくれます。

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンド公式サイト

ハミングウォーターとウォータースタンド申し込み前に抑えておきたい注意点

ハミングウォーターとウォータースタンド、申し込み前に抑えておきたい注意点をそれぞれ解説していきます。

ハミングウォーターの注意点

ハミングウォーターに申し込む前に抑えておきたい注意点は以下の4つです。

  • 北海道・沖縄・離島エリアは利用不可
  • サーバーメンテナンスはない
  • 契約期間は2年間 期間内の解約は15,000円の解約金・違約金がかかる
  • サーバー設置は自分でやらないといけない(設置サービスは終了)

公式サイトではハミングウォーターは全国対応を謳っていますが、実は北海道・沖縄・離島は利用不可です。これはハミングウォーター利用規約にも明記されていますので確認しておきましょう。

メーカーによるサーバーメンテナンスはありません。長い期間同じ機種を使い続けるのは衛生面が不安という場合は、サーバーの無料交換を利用しましょう。ハミングウォーターは、2年以上使えば無料で新品のサーバーと交換できます

契約期間は2年間としており、もし期間内に解約する場合は15,000円の解約金がかかります。(サーバーの返却費用は無料です)

サーバーの設置は自分で行います。以前は、サーバー設置サービス(有償オプション2,000円)がありましたが、今現在は廃止されています。サーバーは玄関での引き渡しとなります。

>>ハミングウォーターのレビュー・口コミ評判はこちら

ハミングウォーターの詳細はこちら

ハミングウォーター公式サイト

ウォータースタンドの注意点

ウォータースタンド申し込み前に抑えておきたい注意点は次の4つです。

  • 設置工事が必要
  • 水道直結型だから置き場所の自由度は低い
  • 配線が見えるため気になる
  • 6ヶ月に1回はスタッフ訪問のメンテナンスがある

ウォータースタンドを使用するには水道とサーバーをホースで繋ぐ必要があり、設置工事をしないといけません。

↓下の写真のように水栓に分岐部品を取り付けるだけのカンタンな工事です。


↑筆者の自宅での取り付け様子↑

工事は1時間程度で終わりますが立ち会いが必要なので日程調整が必要です。その点は面倒に感じるかもしれません。

↑キッチンの背面に設置も可能です↑

また、水道から離れた位置に設置も可能ですがどこでも設置可能というわけではありません。設置場所は限定されるため自由度は低いです。キッチンに置くのがベストでしょう。

↑目立たないようにモールでカバーしますが・・・↑

水道から離れた位置に設置するとホースが長くなるため、↑のように配線が気になるかもしれません。

ウォータースタンドはアフターケアも充実しており、6ヶ月おきに専門スタッフによる定期メンテナンスが受けられます。

点検と掃除をやってくれるので利用者としては安心ですが、日程の調整と毎回スタッフを自宅に上げないといけないので煩わしいと感じるかも・・・。

>>ウォータースタンドのレビュー・口コミ評判はこちら

ウォータースタンドの詳細はこちら

ウォータースタンド公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました