ハミングウォーターが北海道エリアでも利用可能に!料金とサーバーに違いがあるので注意

ハミングウォーター

ついにハミングウォーターflows(フローズ)が2021年4月1日より北海道エリアでもサービス提供開始となりました。

これまでサービスエリア対象外で我慢されていた方も多いのではないでしょうか。

今回は、北海道エリアにお住まいの方がハミングウォーターを利用するうえで注意すべき点をご紹介します。

▼北海道エリア専用の申し込みページはこちら▼
https://www.hummingwater.com/lp/hokkaido/

北海道エリア限定!今なら最短7日でお届け^^

※当サイトの価格表記はすべて税込みです

【要注意】ハミングウォーターは北海道エリアだと料金が高くなる!

北海道エリアにお住まいの方がハミングウォーターflows(フローズ)を利用するうえで注意ていただきたいのが料金・費用面です。

サーバー出荷手数料と月々のサーバーレンタル料が本州エリアと比べてやや高くなります

サーバー出荷手数料
(初回のみ)
サーバーレンタル料/月
北海道エリア 3,300円 3,520円
本州エリア 2,200円 3,300円

サーバー出荷手数料が3,300円かかります

ハミングウォーターを利用するうえでサーバー出荷手数料として初期費用が3,300円(税込み)かかります。

これは北海道エリアに限ったことではありません。どのエリアでもサーバー出荷手数料がかかります。ただ、本州エリアでは2,200円なので北海道エリアだと+1,100円上乗せとなります。

※サーバー出荷手数料は初月のサーバーレンタル料とあわせて引き落としとなります。支払いはクレジットカードのみ対応です。

月々のサーバーレンタル料は3,520円

ハミングウォーターflows(フローズ)のサーバーレンタル料は月々3,520円(税込み)となります。

本州エリアでは月々3,300円なので、北海道エリアのハミングウォーターは+220円ということになります。

北海道エリアのハミングウォーターは寒冷地仕様。何が違うの?

北海道エリアで使用するハミングウォーターのサーバーは寒冷地仕様です。寒い環境でも安定してサーバーが使えるようになっています

通常のサーバーとの違いは「エコモード」の作動時間です。

通常のハミングウォーターflowsは、エコモード作動時間が6時間ですが、寒冷地仕様では5時間となります。違いはこれだけです。

寒冷地仕様だからといって使いにくくなることはありませんので安心してくださいね。

\ハミングウォーター以外の水道水ウォーターサーバーを検討したい方はこちらの記事をどうぞ/

ハミングウォーター利用上の注意点は?

ハミングウォーターflowsの北海道エリアと本州エリアの主な違いは「料金」と「サーバー本体の一分機能」だとご紹介しました。

その他にも、ハミングウォーターを使用するうえで注意すべきことやデメリットがいくつかあります。

カンタンにご紹介すると…

    • サーバー設置は自分でやる
    • 水道水の給水は自分でやる
    • 温水は出しっぱなしができない
    • エコモードは手動設定だから忘れやすい

などが挙げられます。

ハミングウォーターの注意点・デメリットについて詳しくはこちらの記事で解説しています

▼北海道エリア専用の申し込みページはこちら▼
https://www.hummingwater.com/lp/hokkaido/

北海道エリア限定!今なら最短7日でお届け^^

ハミングウォーター 北海道エリア専用の申し込みページはこちら

ハミングウォーターの公式サイトは本州エリアと北海道エリアで申し込みページが異なります。

下の写真は、ハミングウォーター公式サイトの本州エリアと北海道エリアを比較したものです。

このように価格表記が違います。本州エリア専用の申し込みページを見て「月々3,300円で利用できるのか」と間違った認識をされてしまう方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、北海道エリアにお住まいの方は専用の申し込みページから申し込むようにしてくださいね。

▼北海道エリア専用の申し込みページはこちら▼
https://www.hummingwater.com/lp/hokkaido/

北海道エリア限定!今なら最短7日でお届け^^

タイトルとURLをコピーしました